ヒデヨとキミヨ②ライブ御礼

9月21日(土)「ヒデヨとキミヨ」二人展の特別企画
高木いくのさんのライブは、お陰様で無事終演いたしました

ありがとうございます
素晴らしすぎて胸いっぱいです


泣きましたね
思い返しても泣きますね 

いくのさんの歌声を聴くと涙栓がとぶのは今に始まったことではありませんが
今回は幾重にもスペシャルでした



明日もこの余韻をもって展覧会を過ごせると思うとしあわせですが
ぽーーーっとしないようにしなくては

でも、明日も在廊してくださるひぐちさんと、そんな気持ちも分かち合えるに違いなく、
それはこの上なく幸せな展覧会という他ありません


県内外、遠方からお越しの方々、御当地長岡の方々、年齢も幅広く、
長年のファンの方、今回初めて聴いてくださった方、、、

一同にいくのさんの歌声、語る言葉に魅了されながら、
会場の皆様がつくりあげてくださった珠玉のライブ空間でした

私はそのことにも
深く深く、感謝申し上げたいです


肌寒さの増した秋の夜に、クーラーも入れていながら
なんてホットでウォームな会場だったことか。。。



皆様が、開演前の待ち遠しさ、終演後の帰りがたさの中で、
展覧会作品をじっくりとお楽しみくださいましたことも
大変ありがたく、うれしいことでした

野田英世さんとひぐちキミヨさんの魅力も、
存分に感じていただけたことと思います


いくのさん、素晴らしき共演者のお二人、
ご尽力くださったスタッフの皆様はもちろんのこと、
企画してくださったヒデヨとキミヨのお二人と、
ご来場の皆様方に、こころより厚く御礼申し上げます

どうもありがとうございました




展覧会は始まったばかり
29日まで開催です ※9/25は休廊日です
OPEN 11:00~17:00

◆駐車場は斜め向かいに数台分ございます
ご不明の時はお声掛けください

maison de たびのそら屋
0258(77)2981


満員御礼!

21日開催の高木いくのさんライブは
只今、お陰様をもちまして完売いたしました!

開場を満たしていくのさんをお迎えいたします

発信にご協力くださいました皆様、
ご予定を調整してくださいました皆様、
どうもありがとうございました



さあ、満を持して「ヒデヨとキミヨ」
スケッチ画家とイラストレーターの二人展の開幕です

9月21日(土)11時OPEN
ご来訪をお待ちしています

maison de たびのそら屋

ライブチケット残り1席です!

明日9/21(土)18時開演の高木いくのさんスペシャルライブ「街の匂い」

チケットの残りひと席になりました!
ラストチケットをどうぞ!!

前売り3,000円 小学生600円
詳細はコチラ→

ご予約は  たびのそら屋
0258(77)2981
md.tabinosoraya★gmail.com ←★を@にかえて送信してください 



◆ご予約済みの皆さま

ライブ予約についてのインフォメーション にもご案内してございますが、
当日の当館駐車場はスタッフ専用となります
大変お手数ですが、近隣の一般駐車場をご利用ください

展覧会も、開場後、開演までの間とライブ終演後にご覧いただけます

ヒデヨとキミヨ① live a life…

ヒデヨとキミヨ 
ー スケッチ画家とイラストレーターの二人展 ー

2019年9月21日(土)~29日(日)
OPEN 11:00~17:00 ※25日(水)休廊



【作家在廊】
野田英世さん 9/23(月)・28(土)
ひぐちキミヨさん 9/21(土)・22(日)・23(月)・28(土)・29(日)



迫ってまいりました、まだ始まっておりません、が、
開幕二日前にして、私はもう既に長い期間、
お二人の「展覧会」を味わわせていただいている気分です


画像は先日の第一弾搬入日の模様
日頃、地元長岡でお勤めの野田さんと、上越から来て下さるひぐちさんの
時間の合う貴重な日に、展示場所の打ち合わせからスタート

ですが彼らの構想はこれよりはるか前より始まっており

二人展の開催が決まって、
高木いくのさんのライブが決まって、
(今現在、お席の残りは2席です!!お申込みはたびのそら屋まで→  

野田さんとひぐちさんが、いくのさんの「山のおうち」を描きに行ったり、
ライブの宣伝に奔走したり、、、

野田さんからは都度都度、出来事や進捗のお話を聞かせてもらうにつけ、

それはもうライブ!


躍動し続ける命、

クリエイトし続ける暮らし、

開拓し続ける生き様、、、、

なにも惜しむことなく
全力で愉しみながら味わい尽くしているパワフルなお二人の展覧会

私は駆け行く彼らの疾風を感じながら過ごしてきた気分です




搬入日のお昼は近くのカレーと喫茶の「daisy」さんへ
ゴーヤのポークカレーなどを美味しくいただき、
食後のコーヒーを待っている間に雨が止むと



野田さんはささっとシゴト道具を取り出し


外観も素敵なdaisyさんを描きに道路の向かいへ



野田さんはなるべく現地で、アウトラインだけでも仕上げられます
コーヒーが入りましたと呼びに行けば、見せてくださったスケッチの早いこと!!
この時の絵が仕上がってお披露目されるのが楽しみです

ひぐちさんはその場では描かれませんが、
アルコールマーカー「コピック」を自在に操るその手元も、速いのです

プロフェッショナルなイラストレーターの描く長岡の景色やいかに

ひぐちさんが作品にリアルと併せて織りなすのは
思わず笑顔になってしまうような、豊かであたたかい世界




だって龍文堂さんの上空にゴジラの入道雲だもの!


DM掲載作品(販売品です)原画をお見逃しなく!


****


長岡では初展示となるひぐちキミヨさん
会期中5日間、在廊してくださいます


カラリと明るい、元・江戸っ子、今・直江津ハマッ子の
壁の無い素敵なお人柄にも、ぜひ出会っていただきたいです




9月21日(土)18時開演の高木いくのさんライブ  の翌週は
28日(土)16時00より、アーティストトークを開催します

野田英世 × ひぐちキミヨ × たびのそら屋
「旅して見えた光景、暮らして見えた風景」
(観覧無料)

こちらもどうぞお越しください


ソプラノと古楽器の演奏会

10月5日(土)に開幕する「猪爪彦一展 - 忘れられた物語 Ⅱ-」
特別企画のご案内です



 ソプラノと古楽器の演奏会
  ~ 古の歌 リュートとともに ~

【出演】 風間左智(ソプラノ) 白澤亨(リュート 他)
【日時】 10/5(土)16:30開演~ (1時間程度を予定)

【料金】 前売り1,800円・当日2,000円・小学生600円定員25名)






「頭の中にある世界のどこか」を油彩、版画等で表現し続ける猪爪先生の作品世界を
より堪能していただきたく、展示室にて開催いたします

猪爪先生は、制作時に中世ヨーロッパの音楽を流していることも多いとのこと
作品から、はるか遠く、時も隔てた異国の地で奏でられる音色が
かすかに聴こえてくるように感じるのは、それゆえでしょうか

猪爪先生からのリクエストもあって実現する演奏会
ヨーロッパ中世~ルネサンスの音楽から、馴染みのある日本の名曲まで
作品に囲まれながら「かすかに」ではなく全身で浴びるように、浸るように、
ソプラノと古楽器の響きをお楽しみいただけたらと思います

幅広くご活躍の演奏者のお二人については、ご周知の皆様も多いことと思いますが、
日頃は音楽会に行く機会のない方にもぜひ、気軽にご来場いただきたいと願っています


【ご予約・お問合せ】  maison de たびのそら屋

◎電話    0258(77)2981
◎メール md.tabinosoraya★gmail.com ←★を@にかえて送信してください

・お名前と電話番号をお聞かせください。
折り返しのご連絡をもってご予約とさせていただきます。

・当館の駐車場は、演奏会時は関係者専用になります。
お手数ですが一般の駐車場をご利用ください。

・キャンセルは開催前日の10月4日17時までにご連絡をお願いします。
以降のキャンセルについてはご予約料金の全額を頂戴し、運営に充てさせていただきます。ご了承ください。


【演奏者プロフィール】

風間 左智 (ソプラノ) Sachi  Kazama

新潟市出身
新潟大学教育学部特別教科(音楽)教員養成課程声楽専攻卒
第23回新潟県音楽コンクール声楽部門優秀賞受賞
保育園、幼稚園、小中学校、ウエディングでの演奏やCM(仏壇墓石の福宝、川崎商会、きんぱちの湯など)の他、
多数のバロックの演奏会に出演
2017年「第9回千の風音楽祭」で千の風賞受賞
現在音楽教室主宰、及びヤマハわたじん楽器歌謡学院講師
新潟市西区在住


白澤 亨 (リュート 他) Tōru Shirasawa

糸魚川市出身。
リコーダーを吉澤実氏に師事
高校時、全日本リコーダーコンテストにて金賞を受賞
東京にて古楽器製作(チェンバロ、リュート等)に携わる
リュート、ガンバなどの弦楽器、ルネサンス・バロック時代の管楽器を演奏
中国音楽(笛子)を張暁輝氏に師事。1994年、中国昆明にて中国芸術祭出演
新潟市中央区在住



今後の展覧会のご案内

ヒデヨとキミヨ 
ー スケッチ画家とイラストレーターの二人展 ー

2019年9月21日(土)~29日(日)
OPEN 11:00~17:00 ※25日(水)休廊



長岡のスケッチ画家・野田英世さんと
上越は直江津在住のイラストレーター・ひぐちキミヨさんによる二人展
先のご紹介記事 →


【会期中イベント】

①高木いくのライブ「街の匂い」
9/21(土)18:00開演(前売り3,000円・小学生600円)
ご予約詳細 → 
お席の残りはごく僅かですがございます
貴重な機会をどうぞお見逃しなく


②アーティストトーク
野田英世×ひぐちキミヨ×たびのそら屋
「旅して見えた光景、暮らして見えた景色」
9/28(土)16:00~ 観覧無料


____________________________


猪爪彦一 展  - 忘れられた物語 Ⅱ -

2019年10月5日(土)~15(火)
OPEN 11:00~17:00 ※10日(木)休廊




この展示空間が好きだとおっしゃってくださる猪爪先生
私も先生の世界が大好きです

昨年に引き続き開催いたします
油彩・版画・ドローイングに加えて今回は、
作品の源ともいうべき「NOTE BOOK」も展示していただきます


【会期中イベント】
作品世界を更に堪能していただけますよう、演奏会を開催いたします
展示室での特別な演奏会、どうぞ併せておたのしみください


ソプラノと古楽器の演奏会
「古(えにし)の歌 リュートとともに」
風間左智(ソプラノ) 白澤亨(リュート)

10/5(土)16:30開演
定員25名(前売り1,800円・当日2,000円)
ご予約はたびのそら屋まで

詳細は後日改めてお知らせいたします


【御礼】小松弦太展

8月29日より開催しました
小松弦太個展「ARCHERAFT-曖昧な世界-」が閉幕いたしました



作品の搬入から搬出まで、大変、印象深い日々でした

小松さんにとっては初来訪の地となる新潟県長岡市、
アウェイである地方都市の、しかも駆け出し1年半のギャラリーで、
ご本人としても初挑戦となる、オブジェに力を入れた展覧会

実は長岡に大変ゆかりがあったことが判明したお話は文末で)



会期中、土砂降りの日や、フェーン現象の猛暑日もあった中、
地元の方々が関心を寄せてくださり、じっくりと愉しんでくださいましたこと、
多様な感想を寄せていただけましたことは、何よりうれしいことでしたが

遠路、東京・長野・水戸・笠間・広島・高知からも
小松さんのファンの方、ご友人・知人の方々にご来訪をいただき
この度の試みの成果にお立ち会いいただけましたこともまた
何にも代えがたく、
本当にありがたく、

足をお運びくださいました皆様、
来れずともFacebook等での告知を広げてくださいました皆様、
展覧会情報を掲載してくださいました関係者の皆様にも、

こころより感謝申し上げます
どうもありがとうございました



月の間の朽木を用いたインスタレーション作品
「Ambiguous world」の傍らには、お客様の自由なタイトルを付けてください、
という小松さんからのリクエストがありましたが →

小松さんがご用意してくださった、いい具合に日焼けさせた紙が足りなくなるくらい、
多くの皆様にお書き寄せいただき、その豊かな世界とお気持ちに、
小松さんも大変感激しておられましたこと、
ここにご報告いたします




今回の作品たちを、これからどう絞るか、発展させていくか
今回カタチにできなかったことも、いくつもあるとのこと

小松弦太さんのこれからの展開、ますますの飛躍を
私たちも心底、愉しみにさせていただきながら

挑戦と「はじまり」の展覧会を、この地で開催していただきましたことに
こころより厚く御礼申し上げます

どうもありがとうございました





展覧会のための下見で初めて新潟県&長岡市に来られた小松さん

祖父様のご実家が「新潟」にあったことは記憶していたそうですが、それがなんと「長岡」で、しかもかの有名な縄文土器が出土した地域にあったこと、曾祖父様も縄文土器に大変感心が高いお方だったことがこのたび判明。

笠間の地で幼い頃に縄文土器に出会い、その造形に惹かれ、その時代のひとびとに惹かれてきた小松さんの
無意識のルーツ!

アウェイじゃなかった
どなたか導いてくださったですね!



またぜひ長岡をお訪ねください